見損ないました 宮迫博之さん

公開日: 

現在、地上波自粛中でYoutuberとなられた宮迫博之さん。ご存知の通りこの方、反社への闇営業で大騒ぎとなってしまったわけですが、私はずっと「気の毒だなぁ」と思っていました。

しかしなぜこんなにもこの方だけ地上波復帰が叶わないのかしら?とアメトーークに大ファンだった私は不思議に思っていましたが、完全な私の主観ですが、その理由の一端がわかったような気がしています。

というのもですね11/24のこの方のYoutubeに
「芸能界のドラック事情について専門家と語りあったらほぼ放送事故【クスリ】」という回をUPしたんですね。

そして専門家というのは誰かと思ったら、医者でも支援者でもなく、ただのブラックジャーナリズムにデタラメ記事を書くようなフリーライター。
内容もひどいものでした。

薬物依存症に苦しむマーシーさんと共演した時に、マーシーさんがぶるぶる震えていて、トイレに行って戻ってきたら震えが止まっていた。
「やってたんかい!」
とへらへら笑いながら話す。

普通の神経があったらこんなことできます?
マーシーさんが再逮捕された時には、「ダルクのスタッフにもなってあんなに頑張っていたのに、止めるの大変なんだな。」と、この時ばかりはかなり同情的に見てくれる人がいて、地上波でもほとんど叩かれることがありませんでした。

またマーシーさんの息子さんのドキュメンタリー

またこの動画では「あの芸能人が怪しい。この芸能人はやっている」とこのフリーライターがいかにも情報通ぶって話すのに、宮迫さんが調子に乗ってそれを大げさに驚くということをやるのですが、同じ芸能界の仲間に対してこんなことできます?
人の不幸、あなたと同じように引きずり降ろされる芸能人を待っているんですか?
そういうバッシングに会う芸能人を見たいのですか?

宮迫さんは、ご自身のピンチで人の痛みのわかる人になったと思ってました。
オレオレ詐欺撲滅に尽力したいと殊勝なことを言っていたかと思います。
そんな社会活動をやっている様子もありませんが。
でも、自分のことしか考えられない人なんですね。

こうして最も弱く叩かれやすい薬物事犯、しかも同じ芸能人を餌にして根拠のない噂話や推測でここまでこけ下した番組を平気で流せてしまう。
もう感性が完全に鈍っていますね。
ただのYoutuberどころかPVさえあがれば良いという迷惑Youtuberに成り下がっている感すらあります。

私は、失敗した人にも再起のチャンスがあって欲しいというスタンスです。
でも、自分をよく見せるために、誰かを貶める。そんな手法しか使えない、あなただけには二度と地上波に戻ってきてほしくないと思います。

 

[ブログを応援]
ブログ是非応援して下さい!クリックでランキングがあがります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村
依存症 ブログランキングへ

[Youtube動画]
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすくお伝えしています。チャンネル登録お願いします。
たかりこチャンネル


[田中紀子の著書]
三代目ギャン妻の物語(高文研)
ギャンブル依存症(角川新書)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑